読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナイトコビーだけどロイヤルナイフ

アパートやマンションといった、賃貸物件から引っ越す場合、立会いという名の部屋のチェックが入ることを知っておきましょう。



管理会社から、担当者が来て、室内の状態をくまなくチェックする訳です。



無事にこれが済みましたらやっと退去できる身となります。ケースごとに多少違ってきますが、水道ガス電気など、公共料金の支払いは当然済んでいなければなりませんし、それに、鍵についてはスペアを含め、全部返すことになっていますので、気を付けましょう。
何回引越しを経験しても、いつだって、その準備は大変なものです。

初めての引っ越しであれば、さらに辛いと思います。この苦労を減らすためには、なによりも、ゆとりを持った計画を立てることが大切です。



そのうえで、計画を大まかに進めるということです。

計画に沿ってきちんと実行できるのであれば特に問題はありませんが、引っ越しにおける失敗の多くは、複雑な手続きに追われて、家の中の作業が手付かずになってしまうことなのです。立てた計画を大雑把にでも実行しておけば、多少計画にズレが生じても、ゆとりをもって軌道修正できると思います。
大抵の引越しにおいて、意外と費用がかかってしまうが工事費用が必要になる、エアコン関連の出費になります。

素人にはエアコンの取り扱いは難しく、設置などには通常、専門家を呼びます。



不動産屋の紹介で業者決定
ですから、エアコン取り付け一台につき1万円くらいはかかるのが普通です。
ですが、もしエアコンの取り外しと取り付けが、引越しプランのオプションとしてついているなら概ね安く済むはずですけれど、エアコンの設置について何も考えていなかった場合は、専門の業者に取り付け工事をしてもらうか、あるいは、新品を購入して、古いものの引き取りと、取り付け工事もしてもらうかどちらが安く済むか、また手間がかからないか、十分検討するべきです。

煩雑な書類手続きも、引越しの時には増えてきます。
中でも大事なものは自動車運転免許証と、車庫証明でしょうか。車に普段乗らない人でも、運転免許証の住所の変更は本人確認書類としても使えるのが運転免許証ですし、すぐに手続きを済ませる人が多いのです。
でも、大事な車庫証明の登録は忘れられていることがあります。



車庫証明登録のし直しは、免許証と同じで、警察署でできます。



なので、どちらも大事な手続きですし、同時に済ませてしまいましょう。



これで手間が省けるのではないでしょうか。

前もって引越し作業の予約をいれておき、前日や当日という直近になって、急にキャンセルすることによって、キャンセル料を請求されることがあります。

業者は、実は見積もりを出す時に、業者はキャンセル料のことについても客に説明をする義務があります。
ですがこれを、書面だけで説明されてしまうと書類を読まずにいると、キャンセル料についてわからないままになりますので、引っ越し作業の予約をする前に、念のためキャンセル料についての詳細を質問しておく方が良いかもしれません。出来るだけ引越しの負担を少なくしたい方は、アート引越センターに作業を依頼すると、順調に終わらせることが出来ると思います。
段ボールの準備から家具の梱包や搬送までありとあらゆる引越し作業を支えてもらえます。


一人では難しい家具運びも誠実に対応してくれますから安心して任せられますから、当日もトラブルなく引っ越せますから、もし引っ越し業者でお悩みの方は、アート引越センターを検討してみてはいかがでしょうか。少し早いうちから始めるべき、引越し準備になりますが新居へ運ぶ荷物の選択をしていくと、着々と大型ゴミが増えてきてしまいます。転居に伴う粗大ゴミは通常はゴミ収集日に持って行ってもらうことはできず、自治体のHPをみるか電話にて、処分方法を確認してその通りに処分します。



粗大ゴミが、引越し日近くになってもまだ家に残っている、という事態はできれば避けたいですから、少量ずつまとめてなど、工夫しつつ処分を進めましょう。うちの洗濯機はドラム式で、以前一度だけ転勤をし、その時は単身赴任ではなく、家族で引越しました。引っ越してきた日、荷物が届けられましたが、濡れているダンボールを発見しすぐに業者に電話をしました。

どうやら、洗濯機のホースに水が残っていることに気付かず何かのはずみで漏れ出てきてしまったのでしょう。その状態のままで運んできてしまった、ということです。

ダンボールが破れたりしたわけではなく、害は無かったようなものでしたけど、洗濯機のホースの水抜きは、ちゃんとしておかないと次は失敗の無いようにしたいものです。最近では、実行する人も少なくなったかもしれませんが、引越しをすると、家族やあるいはお手伝いの人たちと、みんなでソバをたぐる、といった古くからおこなわれてきた習慣があります。


どういった由来があるのかというと、ソバの形からぜひ、細く長いお付き合いをしたいものですと縁起をかつぐ意味合いと、ソバに越してきましたので、よろしくなんてシャレも効かせて新しいご近所さんたちに振る舞われたり、配られたりしたとされています。これまで何度も引越しをしてきていますが、そんな私が一つだけ、大勢の人に言いたいことがあるのです。「壊れやすいものは、絶対に他人に任せるな」です。忘れもしない、初めての引っ越しの時、陶器が何個か、欠けてしまっていました。
割れたものが、自作のお皿だったりしたため、衝撃は大きかったです。といっても、高い物ではなかったので、文句をつけるために電話したりなどはしませんでした。
以降、そういった壊れ物だけは、自分で大事に運ぶようにしています。